おつかれさまの国

Pocket

斉藤和義の2008年リリースのシングルでアリナミンのCMソングに起用された。

歌詞は作詞家の一倉宏が担当。

斉藤和義の著名な曲であるウエディング・ソングの作詞も一倉宏が担当した。

本曲は普段私たちが交わす「挨拶」をテーマに作られている。

もしかしたら「こんにちは」よりも多いかもしれない「おつかれさまです」が主となっていて、人の「疲れ」に「お」を付けてさらに「様」まで付けて使われている。

人生はホント色々あって、辛いこと、楽しいことの積み重ねで、誰だって不安な時がある。

そんな切ないことは言えないから、言うんだ「おつかれさまです」と。

人の悲しさ、辛さ、涙は乗り越えるべき試練で他人が拾っていいものではないから言うんだ「おつかれさまです」と。

普段使う挨拶の背景にたくさんの物語が見えてくる。

こうした優しい曲がないと気づけなかったのかもしれない。


音楽(ロック・ポップス)ランキング にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です