Anthem

Pocket

Zebraheadの2006年リリースのアルバムBroadcast to the Worldに収録されている楽曲。

パンクロックにラップを取り入れるなど型にハマらないオルタナティヴロックがジャンルになる。

今作からボーカルが変わり個人的に最高傑作だと思う。

全曲カッコいいしいつまでも聴き続けれる。

日本の洋楽チャートで1位を獲得し、いまでも日本人からの人気もすごくあり恐らく日本のフェスに1番出演しているんじゃないかな?

特に本曲がお気に入りで、元気が出るというか嫌なこと忘れて純粋にロックンロールを味わえるような気持ちになる。

日本の売れているバンドのあからさまに明るい曲なんか大っ嫌いだけど、こういう類の明るさは大好き。

この違いが分かる人はどれくらいいるのだろうか、増えてくれれば日本の音楽シーンも救われるのかもしれない。


音楽(ロック・ポップス)ランキング にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です